vol.233 ありがとうございました



今年も残すところあと4日

大変な年でしたが、あなたにとってはどんな年でしたか?


私は相変わらず、安定して上手く打てるようになるためのコツをお伝えする毎日でした。


ゴルフスイングは人によって様々ですし、癖や体格、体力、性格などもみな異なります。


上手くなる為の方法は決して一つではありません。

色々な角度からアプローチして最も自分に適した方法で向上を目指していければいいのです。


私たちインストラクターは、スイング技術はもちろんのこと、メンタル、フィジカル、ギアなど、ゴルフに関することは常に情報を収集し、適切なアドバイスを行えるように努めています。

スコアは、最終的には総合力で決まるからです。


今日はレッスンの時に私がどんなことを考えてレッスンをしているのかをお伝えしたいと思います。

そうすることで、アカデミーでレッスンを受けていただいているあなたが、もっと効率よく上手くなるために、どの様にレッスンを利用していただいたら良いかが分かると思うからです。



私がレッスンで大切だと思っていることは、レッスンを受けていただいている方の頭の中を理解すること。


どんな風に感じているのか?

何を考えているのか?


どんなに良いアドバイスをしたつもりでも、それが伝わっていなければ何の意味もなさないからです。

みなそれぞれ自分なりの考えやこだわり等色々お持ちです。


そう言った中には必要のないこと、スイングに良くない影響を与えていることなども少なくありません。


ですから、できる限り色々とお伺いして、その方の意図やイメージを知りたいと思っています。


ときに私がまったく想像もしないような事を考えていらっしゃる場合もありますし、お話ししたことを意図したことと全く違う解釈で理解されてしまう方もいらっしゃいます。



ですから、できるだけたくさん会話を交わして、その人の事を理解することが、最大限に効果的にアドバイスをするために大切なことの1つだと考えてやっています。


あなたがもし、誰かにアドバイスをもらっていて、それでもなかなか「安定して上手く打てない」としたら、

「取り組みが間違っている」

「正しく実行していない」

か、

のどちらかです。


うまく行かないことを続けるのは時間の浪費になりますから、色々と質問したり、聞いたりして、ご自分の感じている事を全てさらけ出してみて下さい。

そうすれば、より良い打開策を見つけられる可能性が増していきます。



長くレッスンをしていると、「これは当然分かっているでしょう」というような事を説明するのを怠ってしまうことがあります。

実はそれが、とても大切なことで練習をしていることを上手くやるための“前提条件”だったりすることがあります。

私も人間なので、そういう大切なことを念頭に置いてやっていないと言うことを「ついうっかり忘れる」こともあります。


何かうまく行かない場合は、お互いに没頭しすぎている可能性もありますので、「言われた通りやっても上手く打てないな」と感じたら、「休憩します!」と申し出て下さい(笑)



また私たちは “常に” なんとかして「上手く打てるようにしてあげたい」と思っていますが、アドバイスが上手く働かないと、なんとかしようともがいていきます。

そんな時はレッスンを受けている生徒さんもおそらく「苦しい」状態です。


そんな状況を打開するのは、お互いの “視野” を広げることです。

たいていは、何か大切な事を忘れていたりすることに気付けないだけだったりするのです。


何か感じることがあれば、

「これってこうしても良いですか?」とか

「こんなイメージでも良いですか?」などご自分なりに出来そうな、あるいは感覚をつかめそうなものがあれば、遠慮なく仰って下さい。