vol.186 正しい体の使い方



おはようございます。


今日はゴルフスイングの柱とも言うべき、体の使い方に関することを記します。


体を正しく回転できれば、パワーが出て、ショットが安定します。


つまり飛距離が伸びて、狙ったところにミスせずに打てる確率を飛躍的に伸ばせるということです。


逆に、体の位置、角度がズレて、動きの順序、力の蓄積などが上手く出来ていないと、飛ばずに、曲がり、大きなミスが出るスイングを脱出することは出来ないでしょう。


いつまで経ってもミスがなくならずにスコアアップできないと言うことです。



肩が回らない、回りすぎる

腰が回らない、回りすぎる

脚が使えない、動きすぎる

スウェイしてしまう

軸が保てない

前傾が起き上がってしまう、沈んでしまう


こういった症状を改善し、正しく体を回転するには、どうしたらよいのでしょう?



1番大切なのが、


1番大切なのが、


もう1度、


1番大切なのが、アドレスの姿勢、つまり打つ前の準備です。


どうやって立ち、どう構えたか?

これが、その後どの様に始動し、どのように体を回転 “できるか” にものすごく影響するのです。


思ったように体をうまく使えない人は、まずはアドレスの姿勢や重心配分、向きなどをチェックすることが必須です。


以下のステップに沿ってアドレスのバランス改善に取り組んでみましょう。



ステップ1=姿勢の改善


背中を伸ばし(胸を張り)、股関節(脚の付け根)から前傾、ひざは軽くしか曲げません。意図して曲げず “ゆるめる” 程度でいいでしょう。

鏡を見てプロのような姿勢が出来ていればOKです。


同伴競技者などにプレー中のアドレスの写真を撮ってもらってチェックしてみるとよいですよ。



ステップ2=バランスの改善


自分の体重や重心の位置が良いバランスかをチェックしましょう。


例えば、7番アイアンならば、左右は均等、前後はかかとと拇指球に均等に体重がかかって土踏まず辺りに重心がきていればよいでしょう。


ズレている場合、もし良いバランスにすると、普段よりも


つま先寄り、かかと寄り、右足寄り、左足寄り


に感じるでしょう。それでスイングしてみて上手く動けるかをチェックしましょう。


ステップ3=骨盤の向きの改善


股関節の位置が、回転運動を大きく左右します。

体が回転し過ぎてしまう人は、骨盤を目標に平行よりも少し左方向へ向けるようなイメージで構えてみましょう。腰を少し目標側へ回転させるイメージです。


反対に体が上手く回転できないと感じている人は、骨盤を目標よりも右方向へ向けて構えるようにしてみましょう。右足を左足より3~4cmかかと側へ下げて(引いて)構えてもかまいません。


回りすぎを減らす、あるいは、回転不足を補える感覚がするはずです。